読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとー母のワーママ日記

仕事も家事もバリバリこなし、おしゃれにも手を抜かない、、、なんて私にはとても無理!笑 「てきとー」バンザイ!ママは笑顔でいればいいのよ♪ と信じ込んで乗り切ろうとする日々の記録

夫を変える最強の魔法はこれだった

旦那さんに対して不満が募る事ってありますよね。

 

私なんてそのたびに、ケンカ腰で文句を言っては、大ゲンカに発展。

 

ケンカにならなくても、不穏な、いやーな雰囲気でお互い距離を置いたり、、、。

決して夫が私の不満を理解してくれて、要望を聞き入れてくれるという

求めている結果には程遠い状況になるのがオチでした。

(それを分かっていても、毎回、ケンカを仕掛けてしまうんですよね、、、

なんでですかね、バカなんでしょうね)

 

私みたいに、毎回果敢に戦いを挑む武闘派でなくても、

旦那さんへの不満を心の中に貯めて、不完全燃焼から発生するガスで

モヤモヤ、プスプスしている方もいるんではないかと思います。

 

ケンカをしても、しなくて不満をため込んでいても、

夫婦の良い関係に繋がらない事は事実。

(ケンカも有効な場合がありますが、ケンカを良い結果にするにはそれなりのケンカの技法が必要かと思います。多くの場合は感情論の水掛け論なので不毛な結果に終わるケースが一般的です)

 

その後私も色々と勉強をして、自分で試行錯誤もして、

夫だけでなく5歳の息子を通して「男の本能」と言うものを学び、

一つの結論に達しました。

 

男を動かす最強の魔法は、笑顔である。

 

5歳の息子を見ていると、日々、保育園や近所の女の子に笑って欲しくて、笑顔を見たくて、一生懸命に変な踊りをしたり(たいてい、スルーされたり、冷たく一瞥されたりする)、女の子向けのおもちゃを入手した時は「◎◎ちゃんにあげるんだ~」と大切にしまったり。

 

時々、女の子がそんな息子ににっこりと「ありがとう」と言ってくれる日には、天に昇ってしまうのではないかと思うほどのにやけぶり。。。

もう見ていると母親として切なくなるくらいです。

 

これもうちの息子だけの話かと思ったら、周りの男性方に話してみると異口同音で「そうそう、男ってそんなもんなんですよー。女性の笑顔のためにがんばれちゃうんですよ」との反応。

 

もちろんながら、息子の父である夫も「今頃気づいたか。男っていうのはそんなもんだ」と。。。

 

なので、この性質をつかわない手は無いんですよね。

 

旦那さんに不満があったり、やってもらいたい事、変えてもらいたいことがあったら、にっこり笑って「◎◎してくれると嬉しいな~♡(にこっ)」とかわいくお願いしてみるのです。

 

ここで、「かわいくお願いなんて今さらできない!」と抵抗を示す方も多いかと思います。

 

でもね、ここで勇気を出して、やってみた未来と、やらないで今と同じように、ケンカ又は不完全燃焼が続く未来は、明らかに違うと思うんです。

 

私も以前は男性と肩を並べて自己主張をして、「女らしさを出すとかありえない」という人間だったのですが、清水の舞台から飛び降りる思いでブリブリとぶりっ子風リアクションで夫に接してみたら、なんとまぁ世界が変わる事!

 

あんなにケンカしても、理論整然と主張しても変わってくれなかった、(そもそも、その前段階でこちらの主張もしっかりと向き合ってくれなかった)夫が、意のままに動いてくれるではありませんか!!(@_@)

 

「こんど○○する時は、××しておいてくれると嬉しいな♡にこっ」とか、

「こんど土曜日に終日家を空けるの。。子供を見てくれる?ごめんね。いつもありがとう♡にこっ」とか・・・。

 

すごい、すごすぎる。。。笑顔の魔法。。

 

この事実に気づいてから、我が家ではケンカが一気に減ったし、旦那さんがどんどん私が希望する方向で動いてくれたりして、パートナーシップのあり方が劇的に改善しました。

 

もし今でも、笑顔の魔法を知らずに真正面から戦っていたら、ただでさえ上昇している日本の離婚率を引き上げるべく、私たちもお別れしていた可能性が大だと思います。

 

「あんなに理解してくれない旦那なんて、いらないわ!!」と・・・。

 

今思えば、「どうしたら理解してもらえるか、私は努力していたか?」という話なんですが。

 

そんなこんなで、この笑顔の魔法、ぜひ役立てて頂けたらと思います!

 

あまりにも強力なので、乱用にはご注意ください。笑

 

中には全く効果が無い男性もいるかと思いますが、殆どの方には効果があるのでは、、と思っています。(そうでもない??)