読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとー母のワーママ日記

仕事も家事もバリバリこなし、おしゃれにも手を抜かない、、、なんて私にはとても無理!笑 「てきとー」バンザイ!ママは笑顔でいればいいのよ♪ と信じ込んで乗り切ろうとする日々の記録

夫がしたい事、私がしたい事

平日4日は子供の習い事のため、15時頃仕事を切り上げている私。

 

「もっと仕事がしたい!!!」と夫にブチ切れたら、

 

「もっと家事がしたい!!」と帰って来たという・・・。

 

私「残業とか思い切りしたい!」

 

夫「床とか思い切り磨きたい!」

 

・・・・・。

 

夫が主夫になったほうがいいよね。。。

 

でも夫のほうが、稼ぐ力はあるようにも思い。

 

うむーー。

 

悩ましいっす。

 

息子が語る、下の子が出来ない理由

うちは一人っ子。

 

もう一人は欲しいと思い、不妊治療をさんざんやっているのだけど

なかなか授からず(流産2回、うち1回は心拍確認して母子手帳もらった後に流産だから辛かったわ、、、)。

 

今日の事なのだけど、息子がといれでう○ちして出てきた途端

 

子「おかーさん、わかったよ!」

私「なにが?」

子「なんでうちに赤ちゃんこないのか!」

私「なんで?」

子「あのね、お空の赤ちゃんたち、うちの子になりたい赤ちゃんが沢山いすぎて、ケンカしたりして、誰が行くか決まらないんだよ~」

 

子「ぼくがとっても楽しそうにしているのをみているから、おかあさんは人気なんだよ!」

 

私「(いろんな意味で感涙・・・・)」

 

子供は親を選んでくるとか言うでしょ。

だから子供が授からなかったり、流産しちゃうと「あー、わたしの事を選んでくれなかったのかな、、」と落ち込んでしまうわけですよ。

 

そんな中、息子が突然語り始めたこの話はなんだか救われる思いでした。

 

なにより、息子がうちの子になってとっても楽しいって事だからね!

 

(確かに楽しいと思う!私てきとーだから細かい事怒らないし。子供みたいに冗談言ってふざけてばっかだし)

 

・・・・・・・・・

 

でもね、以前私の怒りが爆発した時に君が言った

「おかーさんおこりすぎ!そんなに怒るから、赤ちゃん嫌になっちゃってお空に帰っちゃったんだよ!」

という言葉も心に残ってるんだけどね、、、。我が息子ながら、嫌味が上等だわっ!

男のプライド

同じマンションの子が、毎朝息子を迎えに来るのだけど

その二人のやりとりがおっかしくって。

 

友「ボク、僕の部屋があるんだよ~」

息子「えっ、一人で寝てるの?」

友「うん」

息子「ボクも殆ど一人で寝てるよ!一人で寝れるもん。時々お母さんと一緒だけど。」

 

私「(えーー、殆ど一緒に寝てるじゃん〜!一緒に寝れない時は寂しがって文句言うのに!)」

 

見栄を張って、出来ない事も出来るという、男性の特徴としてあげられる要素がこんなところで垣間見れました!笑

息子の好きな食べ物

息子の好きな食べ物。

 

・シューマイ

 

・ギョーザ

 

・春巻き

 

・ちくわ

 

 

いつも「何がいい?」と聞くと返ってくる答えです。

 

ハンバーグ とか から揚げとか、あまり興味が無いみたいで。

 

ついでになぜか、扇子に異常な執着を示している息子は、前世は中国人だったんだろうか?(ちくわは関係ないけど)

 

 

困った!自由研究

小1息子の初めての自由研究、彼はずっと「世界と世界を繋げる機械を作りたい」と譲らず、、、。どうやらドラえもんで見た、「あべこべの世界(お金があると貧乏になるとか)」など異次元空間とつなげる機械を作りたいそうで。

 

何とか思いとどまらせようと、自由研究ワークショップへ連れて行き、先生のファシリテートで誘導してもらい「じゃぁたけこぷたー作る!割り箸で!」(←それもどうなの)となったものの、数日後にはまた「あべこべの世界の機械!」と主張し、今日も散々私が「それはちょっと時間かかるしさ、君もまだあべこべの世界に行ったことないから難しいんじゃない?他のにしようよ」と言っても聞かず。

 

保育園の時から夢は「世界と世界を繋げる研究者!」と言っているのでぶれては無いのだけど。そのために何をしたら良いか文系母は見当つかず、その前にあと半分に迫った夏休み終了前に、自由研究を何とかしなくてはと(私が)焦るばかり。

 

もうこの際、好きなようにやらせるしかないかな。たぶん段ボールや空き箱で箱を作って出来上がり、となる気がするけど、それでよしとするか、、、、。自由研究って自由すぎてどうしたらよいか悩みます!まぁ、何やっても自由だからOKとしてくれるのかな。

仕事が好きか、嫌いか

私は仕事が好きで好きで仕方なくて、

 

ご飯も食べなくていい位(食べるのも面倒になるくらい)仕事が好きなのだけど、

 

そんな私を希少動物のように見てくる夫。。。

 

夫「仕事に義務感ってないの?」

 

私「義務感ってなに?」

 

・・・・会話終了。

 

夫「俺は金曜日は、あー、ようやく金曜日か。明日は仕事しないでいいのか、と思うけど。」

 

私「私はあー、もう金曜日か。。あれもこれもやれなかった。。悔しい!そして月曜日にあー、ようやく仕事が出来る!と嬉しくなるよ」

 

夫「・・・(絶句)・・・」

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

価値観がちがい過ぎて面白い位。

 

夫は無駄な仕事が大嫌いな人なので、コンサルの仕事が本当にむいていると思います。

こういう仕事の価値観の人もいるよね。それはそれで、とても良い事だと思うのだけどな。

 

私みたいな仕事中毒の人だけで世の中が構成されたら、それも良くないし。

みんな24時間寝ないで働いちゃうし。

 

家庭内異文化交流続行中ですわ~

 

 

 

黒板消しで過去は消せるか

息子が「ティッシュちょうだい!」と言うので何をしているのかと思ったら、

 

黒板消し(もどき)を自作していました。

 

「何か消してもらいたいものありますかー?」と聞くので

 

「昔の悲しい思い出を消してください」 といってみたら、

 

「それは出来ません。自分でやってください」と即答。。。。(^_^;)

 

そりゃそうだよね。

 

でもその後、

 

「こころはどこにあるの?しんぞうかな?じゃぁここだ」

 

といって、私の左わき腹(胸ではない笑)に黒板消しもどきを押し当てて

 

じーっとしてました。

 

「お父さんとケンカした悲しい思い出」は、そのおかげで消えた事になった!

(小芝居したけど)

 

子供の発想って面白いな~